鬼ヶ城館内周辺案内交通アクセス団体様鬼ヶ城





世界遺産・花の窟

花の窟は720年(奈良時代)に記された日本最初の歴史書である『日本書紀』の神 代第一で「国産みの舞台」として登場しています。この地は熊野三山信仰に先立つ古代からの聖地「窟の熊野」として重要な意味を持っており、まさに日本人の ルーツといえる場所です。歴史書には花の窟から御神宝を本宮大社へ移したことが書かれています。
日本書紀に記されている事柄そのままに、今も毎年2月2日と10月2日には、例大祭が行われ、多くの方が参拝に訪れます。


<アクセス>
お車で、鬼ヶ城センターより、国道42号線を新宮方面に約10分
熊野市駅より、三重交通バスで「花の窟」下車 MAP

10/5より、土日祝日限定で熊野市周遊バス運行!!!大人1日¥200円
花の窟・お綱茶屋へのアクセスが便利になります。
http://www.hananoiwaya.jp/





世界遺産・獅子岩

海岸の隆起と海蝕現象に よってうまれた奇岩で、高さ25m、周囲210mの巨岩です。
昔から南側に位置する神仙洞(しんせんどう)の吽(うん)の岩(雌岩)に対して阿(あ)の岩(雄岩)といわれ、このそばを流れる井戸川の上流にある大馬神社の狛犬にたとえられています。このため、大馬神社では今も狛犬が設置されていません。


<アクセス>
お車で、鬼ヶ城センターより、国道42号線を新宮方面に約5分
熊野市駅より、三重交通バスで「獅子岩」下車 MAP

土日祝日限定で熊野市周遊バス運行!!!大人1日¥200円






丸山千枚田

丸山地区にある棚田(千枚田)
約400年前には2,200枚があったという記録が残されていますが、その後高齢化等により530枚にまで減少しました。
しかし1994年「丸山千枚田条例」の制定、そして地元住民と町との協力により、現在は1340枚を数える程になっています。
5月の水を張った時期や、9月の稲が実った時期の景観はカメラマンの方は必見です。
平成11年7月に日本の棚田100選に選ばれました。



<アクセス>
お車で、鬼ヶ城センターより、国道42号線→国道311号線で紀和町方面へ約40分
MAP

http://www.kumano-furusato.com/senmaida/index.html





楯ケ崎

楯ヶ崎の楽しみ方
◇海から楽しむ「潮風をうけながら・・・熊野灘海上観光遊覧」
「楯ヶ崎観光遊覧サービス」では、海上から迫力のある景色が楽しめます。
リアス式海岸特有の奇岩・巨岩が次から次へと登場し、楯ヶ崎までの道中飽きさせません。大きな穴が開いた「ガマの口」、亀の甲羅に似た「亀屋」、海に直接注ぐ滝「水タレ」など見所がいっぱいです。
楯ヶ崎もさることながら、その裏手へ回ったところにある「海金剛」と呼ばれる大絶壁は、船からでしか見ることの出来ないもので、そのスケールは楯ヶ崎をさらに上回る、高さ160mともいわれています。

遊覧サービスの問合せ&ご予約は
熊野市観光協会 電話:0597-89-0100


◇陸から楽しむ「森林浴や植物学習に・・・楯ヶ崎園地遊歩道」
吉野熊野国立公園の特別保護地域である、楯ヶ崎園地には遊歩道が整備されています。
遊歩道入り口の国道311号から楯ヶ崎までは片道約40分の道のりで、途中二木島祭(11月3日)の舞台でもある阿古師神社もあります。
熊野ならではの植物が遊歩道沿いにあり、特別な植物には解説付の樹木ラベルを設置しており、森林浴も兼ねて植物の学習をしながら適度なハイキングが楽しめます。


<アクセス>
お車で、鬼ヶ城センターより、国道42号線→熊野・尾鷲自動車道 新鹿IC下車→国道311号線で須野町へ約20分
JR二木島駅より、徒歩約90分
MAP





新鹿海水浴場

環境省の「快水浴場100選」に選ばれた、新鹿湾に広がる波穏やかなビーチです。どこまでも青く透き通った遠浅の海と白い砂浜が人気を呼び、シーズンになると多くの人で賑わいます。
砂浜ではテントがカラフルに並び、アウトドアライフが十分に楽しめます。

◆問い合わせ:新鹿観光協会
 電話:0597-86-1510(夏季のみ)
◆期間:GW期間中(キャンプのみ)7月上旬(海開き)〜8月31日
◆施設内容:夏季のみ海の家(売店)・シャワーあり
 テント:1日1張り2,000円(予約不要)
 駐車場(協会管理):1日1,000円
◆「楯ヶ崎観光遊覧」発着場あり


<アクセス>
お車で、鬼ヶ城センターより、国道42号線→熊野・尾鷲自動車道 新鹿IC下車→国道311号線方面へ
JR新鹿駅より、徒歩約5分
MAP